Start! 直接雇用派遣違い

直接雇用と派遣の一番の違いは
“雇用主の違い”

直接雇用(正社員・契約社員・パート・アルバイト)の場合は、職場となる会社が雇用主となります。
一方、派遣社員の場合は、雇用主が派遣会社、職場は派遣先企業となります。
ここが一番の違いです。

例えば、「株式会社A」という会社で正社員として働く場合と、「株式会社A」で派遣社員として仕事をする場合を比較すると、以下のようになります。

直接雇用と派遣の違い

各雇用形態の働き方の比較

派遣と直接雇用の一番の違いは『雇用主が違う』という点でした。
今度はさらに雇用形態を細かく見ていくと、それぞれの働き方のメリットとデメリットが見えてきます。

フォロー体制

派遣社員 人材派遣会社が、職場での困りごとの相談に乗ってくれる。
職場が合わなかった場合は、別の仕事探しをしてくれる。
正社員 職場での困りごとを上司に相談しづらいこともある。
契約社員 職場での困りごとを上司に相談しづらいこともある。
パート・
アルバイト
職場での困りごとを上司に相談しづらいこともある。

勤務時間

派遣社員 勤務時間が柔軟に選べることが多い。
残業は少ない傾向。
正社員 勤務時間は選べない。
残業に応じる必要がある。
契約社員 勤務時間は柔軟には選べない。
残業はあるが時給制の場合は少ない傾向。
パート・
アルバイト
勤務時間が柔軟に選べることが多い。
残業は少ない傾向。

休日

派遣社員 雇用契約通り与えられる。
正社員 派遣先の規定に合わせる必要がある。
場合によっては休日出勤もある。
契約社員 派遣先の規定に合わせる必要がある。
パート・
アルバイト
自由に選べることが多い。

有給休暇

派遣社員 取りやすいことが多い。
(派遣会社が派遣先企業に交渉)
正社員 業務の都合により取りやすさが変わる。
契約社員 業務の都合により取りやすさが変わる。
比較的正社員より取りやすい。
パート・
アルバイト
取りにくいことが多い。

社会保険

派遣社員 勤務条件により人材派遣会社の保険に加入できる。
正社員 勤務先の社会保険に加入できる。
契約社員 勤務先の社会保険に加入できる。
パート・
アルバイト
社会保険加入条件を満たさないことが多い。扶養内での勤務など、社会保険加入を避ける働き方の場合も多い。

賞与(ボーナス)

派遣社員 ない場合が多い。
正社員 支給がある場合が多い。
契約社員 雇用契約による。
パート・
アルバイト
ない場合が多い。

雇用の安定性

派遣社員 契約により雇用期間が決まっている。
正社員 雇用期間の定めがない。
契約社員 契約により雇用期間が決まっている。
パート・
アルバイト
契約により雇用期間が決まっている。
※雇用期間の定めがない場合もあり

このように雇用形態によって様々な特徴があります。一概に「この働き方がいい」ということはないので、あなたの希望に応じて適した雇用形態を選択するのがいいでしょう。
「自分に最適の働き方がわからない」という場合はお気軽にカイゴビトにご相談ください。

無料で、ピッタリの介護職を探してもらう!